menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

第18回改善発表会
2018/10/27
10月27日、何時もの山形ビッグウイング中会議室で、「長栄精密 第18回改善発表会」を行いました。
毎年、当社に発注して下さっているお客様をお呼びして、4月と10月に定期開催しているものです。
管理職チームを含む全12チームが半年間の改善実績をストーリーを交えて発表しています。
今年は「第二工場係」が最優秀賞を獲得しました。
第19回は来年4月27日、第20回は同じく来年10月26日に決まっています。


優良従業員表彰式
2018/06/26
山形市の山形グランドホテルで、山形市雇用対策協議会主催の「優良従業員表彰式」がありました。当社からは「中野泰広さん、酒井秀規さん」の二名が優良従業員として推薦を受けました。
長年業務に精励され……と表彰され、今までありがとうございました、また引き続きよろしくお願いします。


高校生の会社見学
2018/10/16
山形工業高から生徒主催の会社見学の申し込みがありました。
生徒が自分たちでチームを組み、目的の会社にアポ取りから報告書の作成・発表まで行う企画だそうです。
当日は大勢の生徒さんが訪れ、最初に太田社長とのミーティングで「この会社の特徴は…?」との質問を受け、その後は、現場の課長から「どういう仕事か…?、注意点は…?」など見て聞いての疑問点をぶつけていました。
「長栄精密」はどうでした…?


高校生のインターンシップ
2018/07/05
山形県立山形工業高等学校の機械システム科の二年生のインターンシップが始まりました。
今年は2名の生徒さんが本物の製品を使って現場体験をします。この体験が職場選択の一助になれば幸いです。
くれぐれもケガのないように、先輩社員の注意を聞いて安全作業に徹してください。


新生産設備の導入
2018/06/11
本年も生産能力を高い水準で維持するため、最新式の加工機械が導入されています。写真のものは平面研削盤です。
これからも高精度のマシニングセンターなど、生産設備の導入が続きます。


労働災害の無災害記録樹立
2018/04/20
中央労働災害防止協会から、労働災害の無災害記録の表彰を受けました。連続3,400日間労災ゼロの証明です。
約13年間労災がなかったことになります。表彰は銀賞で、この上の金賞にはもう10年の記録維持が必要です。
労働災害は社員・会社のいずれも不幸になることですので、これからも油断しないで決められた用具を正しく使って勤務に就いて下さい。


新入社員研修
2018/04/10
3月21日に入社した今年の新入社員の現場研修がすすんでいます。現場研修は当社の全部の部署を経験するもので、先輩社員全員とのコミュニケーションを図ることを主目的にしています。すぐには分からなくても、一度は先輩の顔を見て先輩の声を聞いた経験が、これからの実践にきっと役に立つと思います。
がんばってください。


今年度の新入社員
2018/03/21
今年も、4人の新入社員を迎えることができました。
いずれも高校卒のフレッシュな人材です。伊藤有希さん(上山明新館高)、井上あかりさん(山形商業高)、木琢幹くん(山形工業高)、茂木一馬くん(山形工業高)
今日は入社式で、これから新入社員教育が始まります。現場研修として、全部署を経験することになり、その後、配属先が決定します。これから長い職場生活が始まりますが、報連相をよく活用してスキルを身につけて下さい。応援しています。


年賀式
2018/01/05
平成30年1月5日に恒例の年賀式を行いました。
今年も本日から稼働が開始されます。例によって会長・社長から年頭のあいさつがあり、今年の重要課題や実行ポイント等が提示されました。
重要課題として「職場の安全確保」「ワークライフバランス志向」が提示され、実行ポイントとして「ノー残業デー実施」「高付加価値製品の受注」「生産性向上のためのスキルアップ」を図ることになりました。
社員全員、今年も元気で良い年にしましょう。


ISO9001 品質方針
2017/12/20
ISO9001-2015年版に対応した品質マネジメントマニュアルの制定を期に、当社の品質方針を開示します。

品質方針

1.地域に誇れるモノづくり企業として社員一人一人が技術を磨き、複数の顧客に対して十分な満足度を提供し、市場で評価される高品質な製品を安定的に供給することにより社会貢献の実現を図る。

2.多様な顧客満足性の提供と共に我々自身もモノづくり企業としての満足を追求するため、法令や規格要求事項を順守して品質マネジメントシステムの改善を繰返し行い、社員一人一人が地域に誇れる企業の実現を図る。

3.地域に誇れるモノづくり企業を維持するため、新規顧客を拡大し、全員参加の改善活動によってコスト構造を改善する。

2012年12月1日
株式会社 長 栄 精 密
代表取締役社長 太 田 芳 男


menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -